通販でたこ焼きをお探しなら、大阪の古き良き時代のほんまもんのたこ焼きを通販で提供する【名代秘伝の味 たこ一】へ

お問い合わせ
TEL:0724-45-1139(10:00~17:00)

×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  たこ焼きを通販でお求めなら【名代秘伝の味たこ一】へ»  冷凍たこ焼きの業務用をネット販売で~自宅で作る美味しいたこ焼きのポイント~

冷凍たこ焼きの業務用をネット販売で~自宅で作る美味しいたこ焼きのポイント~

家族や友人同士で楽しむたこ焼きパーティー。大人数でワイワイと盛り上がるたこ焼きパーティーは、関西だけでなく、全国的に人気が高くなっています。そんな大人数で楽しむたこ焼きパーティーには、手軽に調理できる業務用の冷凍たこ焼きがおすすめです。ここでは、たこ焼きの定番具材や自宅でたこ焼きを作る際のポイントを見てみましょう。

たこ焼きの定番具材

ソースたっぷりのたこ焼き

外はカリッと、中はふわふわでとろけるアツアツのたこ焼きは、大人から子どもまで老若男女問わず大人気です。ここでは、たこ焼きに使う定番の具材をご紹介します。

タコ

たこ焼きの主役と言えばタコ。1.5cm角ほどの食べやすい大きさに切りましょう。たこ焼きの直径1/3ほどの大きさに切るときれいに仕上がります。

青ネギ

関西風のたこ焼きには、青ネギが欠かせません。みじん切りにして仕上げに乗せましょう。

紅ショウガ

紅ショウガもたこ焼きの定番具材の一つです。流し入れた生地に、みじん切りした紅ショウガを散らしてください。

天かす

天かすは、たこ焼きにコクや旨味をプラスします。

どうしてトロトロのたこ焼きになるの?

たこ焼きの具材

美味しいたこ焼きと言えば、外はカリッと、中はトロッとしているのが大きな特徴です。では、なぜ中身がトロトロに焼き上がるのでしょうか?このトロトロの中身を作り出す正体は、生地に入れるダシと長いも、後から加える天かすです。

生地にダシと長いもを多めに加えることで、トロトロの生地となります。また、天かすをたっぷり入れることでも、コクと旨味が加わり、安定したトロトロ感を作り出すことができます。

自宅でたこ焼きを作る際のポイント

油を多めに引く

たこ焼き器には、油を多めに引きましょう。穴の底に油が少し溜まるぐらいが丁度いい量です。油を多めにすることで、たこ焼きが底にこびりつきません。ひっくり返すのもしやすくなります。

具材を入れる順番を意識する

具材を入れる順番は、ご家庭や好みにもよりますが、タコ→天かす→青ネギ→紅ショウガがベストです。火の通りにくいタコを先に入れ、油分たっぷりの天かすを加えることで、タコに火が通りやすくなります。

火力を見極める

市販のたこ焼き器は、穴の場所によって火力に差が出る場合があります。火力を見極めながら、こまめに場所を移動させることできれいに焼くことができます。

名代秘伝の味たこ一では、美味しい冷凍たこ焼き(家庭用の16個入り・業務用の100個入り)を販売しています。電子レンジなどで解凍するだけで、自宅で手軽に本場の味が楽しめる冷凍たこ焼きです。サイト内には冷凍たこ焼きの美味しい食べ方を掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

美味しい冷凍たこ焼き(業務用)をネットで販売する名代秘伝の味たこ一

自宅で作るたこ焼きも美味しいですが、プロの味が食べたくなったら、名代秘伝の味たこ一の冷凍たこ焼き(業務用)をお召し上がりください。鶏ガラやカツオ、昆布を使用し、約20年間変わらない秘伝のダシで仕上げた生地が自慢の冷凍たこ焼きです。さらに具材のタコは、プリッとした食感と噛むほどに味わい深い旨味が最大限に引き出される、モロッコ・モーリタニア産の真ダコを使用しています。名代秘伝の味たこ一では、店頭販売の他、本場・大阪の味がご家庭でも楽しめるよう、家庭用・業務用の冷凍たこ焼きをネット販売でお届けしています。美味しいたこ焼きが食べたい方、なかなか本場まで足を運ぶのが難しいという方は、名代秘伝の味たこ一をぜひご利用ください。

冷凍、業務用たこ焼きをお考えなら株式会社名代秘伝の味たこ一へ

ショップ名 名代秘伝の味 たこ一
会社名 株式会社 名代秘伝の味たこ一
代表 上村 克郎
住所 〒590-0155 大阪府堺市南区野々井255
電話番号 090-6067-6667
メールアドレス info@takoichi.co.jp
URL https://www.takoichi.co.jp
店舗営業時間 11:30~22:00
定休日 水曜日
取扱商品 たこ焼き